スタバを無料で楽しむ方法【ドリンク0円】

スタバのコーヒー豆の『品種』とは?【アラビカ種とロブスタ種を解説】

 

シンゴ

どうもこんにちわ!最近アラビカコーヒーの認知度が世間に広まってきたなと実感しています。シンゴです!

 

休日はよくコーヒーを飲みに行ったりカフェで作業をしたりしている時間が多いです。

皆さんがよく飲んでいる缶コーヒー、基本的にはロブスタ種と呼ばれるコーヒーを使っています。

一方、高品質なコーヒーは大方アラビカ種を使っており、スタバのコーヒーも100%アラビカ種とされています。

そもそもコーヒーにはリラックス効果や精神を落ち着かせるような効力もあると研究報告がなされています。

焙煎や栽培方法によって多様なアロマを出すコーヒーですが、2つの代表する品種を紹介していきます。

 

よろしくお願いします(`・ω・´)ゞ

スタバのコーヒー豆の『品種』ってなに?【アラビカ種とロブスタ種とは】

シンゴ

コーヒーにも品種が存在します

食事のメインディッシュといえば『肉』か『魚』というように、コーヒーも大きく分けて2つに分類されます。

1つ目はアラビカ種と呼ばれ、もう1つはロブスタ種です。

アラビカ種はコフィア属の1種類です。ロブスタとは異なる種です。

種の中に栽培品種と呼ばれる分類があり、アラビカ種には様々な栽培品種があります。

豆の風味に加えて、品種というのはコーヒーの木、収穫量に変化をもたらします。

 

コーヒーの起源はエチオピアと言われていますが、当時はコーヒーの実をすりつぶして飲んでいました。

次第に、コーヒーを抽出してフィンジャルで飲むようになったわけですが、当時は全て黒い飲み物というように区別がされていませんでした。

 

みなさんも同じようにコーヒーなんてどれも同じじゃん!と思われている方が以外と多いのではないでしょうか?

これらを細かく見ていきましょう(`・ω・´)ゞ

世界のコーヒーの6割のシェアを持つアラビカ種

シンゴ

アラビカ種ってご存知ですか?世界の中でもレアな品種になります。

正式名はコフィアアラビカと呼ばれています。

シェアでいうと、世界のコーヒー生産の約60%を占めています。

 

標高450m以上の高地でよく育地ますが、高品質なアラビカ種の場合は標高900m以上の高地で育ちます。

スタバのコーヒーグアテマラアンティグア、コロンビアなどのお豆は標高が1500m以上の農園で栽培しているため、かなり高品質な基準のお豆だといえます。

その反面とても繊細で、病虫害からの影響を受けやすいのも特徴です。

ちなみにカフェインの含有量は重量の1%です。

インスタンタコーヒーなどに用いられているロブスタ種

ロブスタ種は病気に強く、収穫量の多い『ロブスタ(たくましい)』コーヒーです。

アラビカ種より低地で育てられ、アラビカ種ほど洗練されていないのと、アラビカ種よりも安価で売買されているのが特徴です。

一般的にロブスタ種は高品質とは言い難い品種であるため、缶コーヒーなどに使用されています。

大量生産などをしているブラジルなどではロブスタ種が多く見られます。

カフェインの含有量は重量の2%、つまりアラビカ種2倍となります。

まとめ:アラビカ種のコーヒーを飲もう

というわけで、今回はアラビカ種とロブスタ種のコーヒーの違いについて紹介しました。

 

スタバのコーヒーは100%アラビカ種なので、安心してください。

 

そして今後、コーヒーについて詳しくなりたい人や美味しいコーヒーを飲みたい人はアラビカ種を飲みましょう。

 

今の時代、大体のカフェであればアラビカ種だと思いますが、アラビカの中でもグレードがあって高品質なコーヒーを求めてカフェ巡りをするのも楽しいと思います。

 

コーヒーの基礎は『香り、コク、酸味、風味』と呼ばれています。

ロブスタ種はストレートで飲むと泥臭いかもしれませんが、アラビカ種はどうでしょうか?

ぜひ美味しいアラビカ種のコーヒーを見つけたらぜひ教えてください

それでは(`・ω・´)ゞ

関連記事紹介

スタバのコーヒー種類について知りたい方はこちら

スタバのコーヒー全種類解説してみた。

 

スタバのコーヒー豆に興味あるけど、「選び方」がわからない方はこちら

スタバのコーヒー豆の選び方

 

スタバのコーヒー豆の「産地」について気になる方はこちら

スタバのコーヒー豆産地について

 

スタバのコーヒー豆が「まずい」って聞いて、不安に感じている方はこちら

スタバのコーヒー豆 ハウスブレンドがまずいって酷評されている件