スタバを無料で楽しむ方法【ドリンク0円】

スタバのエイジドコーヒーとは?【結論:熟成させた希少なお豆のこと】

シンゴ

どうも、こんにちわ!スタバで4年間働いていましたシンゴです!

今回はスタバでもブレンドに使っている「エイジドコーヒー」について紹介します。

通常のコーヒーと比べて、手間と時間をかけたコーヒーなので希少なコーヒーとされていますが、皆さんにとっては馴染みがない気がします。

スタバでは、季節限定の「シーズナルコーヒー」によくブレンドされていて毎年販売されているコーヒーだと「アニバーサリーブレンド」によくブレンドされていますよね。

熟成させることで、スパイシーで複雑な風味が増します。それがスタバのブレンドを深い味わいにしてくれるわけです。

詳細は下記からお話ししていきます。

それでは参りましょう(`・ω・´)ゞ

スタバのエイジドコーヒーとは?

エイジドコーヒーは風味を増すために3〜5年に渡って、倉庫で保管されたコーヒーのことを指します。

ほとんどのコーヒー豆は長期保存をしてもその恩恵を受けることはなくて、むしろ品質が下がる傾向にあります。

つまり、エイジドするには向いているタイプのコーヒー豆と向いていないコーヒー豆があるわけです。

産地によって向き・不向きがある?

特に水洗式で加工されたラテンアメリカ産コーヒーの場合は、長期保存すると鮮やかさ・酸味が損なわれます。

その一方、スマトラなどのインドネシア産コーヒーは長期保存すると、風味が増し・時間とともにスパイシーで複雑な独自の風味が加わることがあります。

なので、スターバックスではインドネシア産のスマトラコーヒーを採用しており、ラテンアメリカ産コーヒーをエイジドしていません。

スタバのエイジドコーヒーはどこで管理しているの?

シンゴ

スタバのエイジドコーヒーはシンガポールで管理されています!意外でしょ?笑

スターバックスではエイジドコーヒー専用のコーヒーを購入後、シンガポールに構えてある倉庫で管理保存しています。

その理由としては、エイジングをするのに最適な熱帯気候地域に位置しているからです。

また現場では具体的に、コーヒーが均等に熟成されるように袋の位置を変えたり裏返したり、ブラッシングや掃除機をかけたりして丁寧に手入れをします。また、カビや害虫による品質低下がないかを、念入りにチェックをして保管しています。

基本的にエイジドとは熟成させることなので、基本的には寝かせることがベースになりますが、品質を管理吸えるためには細かな品質管理が必要になってきます。

テイスティングをして徹底管理

スターバックスでは定期的にはエイジド過程にあるコーヒーの風味を確認するためにテイスティングを行なっています。

このテイスティングをすることで、ブレンドに適しているコーヒーはどれか、ストレートで飲むのに適したコーヒーはどれかを見極めます。ここでいうブレンドとは、アニバーサリーブレンドなどのスタバで販売するコーヒーのことを指します。

スタバでエイジドコーヒーを飲むためには?

スターバックスでエイジドコーヒーを飲むためには、リザーブ店舗でエイジドスマトラを注文するしかありません。

現状だと、通常店舗でエイジドスマトラの販売はしていないからです。

とはいえ、10月「アニバーサリーブレンド」12月「クリスマスブレンド」

これらの季節限定シーズナルコーヒーにブレンドの1種類としてエイジドコーヒーはブレンドされています。時期が近ければ、ぜひ試しに飲んでみてください。まだ日が遠い場合は、ぜひリザーブへ!

まとめ

というわけで今回はスターバックスのエイジドコーヒーについて、エイジドとは?の部分を解説しました。

スターバックスのコーヒー豆の中でも希少とされるエイジドコーヒーは、ブレンドにすると複雑でスパイシーな風味をアクセントとして加えることができます。

ぜひみなさんも一度試しに飲んでみてください

それでは(`・ω・´)ゞ

関連記事

スタバのバイト辞めたいときに考えるべき3つの視点と改善方法を紹介! スタバ全ドリンクメニュー『価格・カスタマイズ・カロリー』を徹底紹介! スタバのカスタマイズ方法「20選」元店員のおすすめは?【結論:無料でも楽しめます】 スタバのブラックエプロンに2年連続で合格!試験内容・なり方や給料を紹介! スタバのバイト面接に合格するには?即採用されたコツを紹介!【元店員伝授】