スタバを無料で楽しむ方法【ドリンク0円】

スタバのコーヒー豆はいつからフェアトレード?【ウソじゃないです】

シンゴ

どうも、こんにちわ!スタバで4年間働いていました、シンゴです!

今回はスタバとフェアトレードの関係性についてお話ししていこうと思います。

スタバのような大手チェーン店がフェアトレード審査を通過していること自体が凄いこと。

実際のところ、まだスタバがフェアトレードのコーヒー豆を販売している事実を信じていない人も多いようです。

とはいえ、フェアトレードとスタバの関係は存在しており、実際にスタバでは毎月20日を「フェアトレードコヒーの日」としています。

順番に見ていきましょう(`・ω・´)ゞ

スタバのコーヒー豆はいつからフェアトレード?

シンゴ

結論先に言うと2000年からですが、歴史について話しする前にフェアトレードとはなんぞや?の部分を先に話しますね。

フェアトレードとは?

経済的持続可能性、環境保護に貢献する方法で作られ、第3者認証を受けたコーヒー購買のことです。

フェアトレードの目標は小規模農園で構成される協同組合が地域社会へ投資し、環境保護をしてビジネススキルを身につけることです。

フェアトレードを受けたコーヒー豆は最低価格が保証され、国内市場の一般価格よりも高い価格を保証されます。そして、輸入もされるため経済的安定性を得ることができ、かつ長期的な取引ができます。

フェアトレード認証を得るためには3つの要素「公正な労働条件」「団結権」「一定の環境基準」を満たしているかどうかが見られます。

フェアトレードとスタバの関係はいつから始まった?

スターバックスは2000年に米国内でフェアトレードコーヒーを販売するためのライセンス契約を結びました。

2002年には米国外でもフェアトレードコーヒーを販売できるようにFLOと契約を締結。

2009年には世界最大のフェアトレード購入者になりました。

2010年にはEMEAの全店舗のエスプレッソビバレッジの100%がフェアトレードコーヒーに切り替わりました。ちなみにどの企業もそうかもしれませんが、スタバではフェアトレードのロゴの使用料を支払っています。

フェアトレードイタリアンロースト

シンゴ

スタバのフェアトレードコーヒーといえばこちら!

価格

1140円

酸味

LOW

コク

MEDIUM

こんな方におすすめ!

  • スターバックスで1番深煎りコーヒー。*日本では最も深入りのコーヒーをフレンチではなくイタリアンを紹介
  • クリームやシュガーを入れてもコーヒーの風味を損ないたくない
  • ロースト感やスモーキーな風味を楽しみたい
  • 酸味が苦手

 

豆知識

スターバックスで販売しているお豆の中で、唯一フェアトレード認証を取得しているコーヒー豆。

プレスで抽出した際に毎回感じるのが、スタバで1番深入りのコーヒーであるにも関わらず、コクの中に深みのある甘みを感じ、ダークチョコレートのような印象を受けます。

渋みなどはなく、むしろダークな甘さを感じられるこのコーヒーは、ダークチョコレートやキャラメルのフードと相性が良いです。

まとめ

というわけで今回はスタバのフェアトレードコーヒーについて紹介してみました。

皆さんも毎月20日はスターバックスへ行ってみてください。

店舗での本日のコーヒーがフェアトレードイタリアンローストになている可能性はかなり高いです!

それでは(`・ω・´)ゞ

関連記事

スタバのバイト辞めたい!しんどい時に考えるべき3つのポイントとは【経験者が語る】 【元店員紹介】スタバ全メニューの値段一覧!カロリーやカスタマイズも スタバのカスタマイズ方法『16選』 頼み方など元店員がオススメをご紹介【超簡単】 スタバのブラックエプロンに2年連続で合格!試験内容・なり方や給料を紹介! スタバのバイト面接に受かるには?即採用されたコツを紹介!【元店員伝授】