スタバを無料で楽しむ方法【ドリンク0円】

【YouTube費用】ゲーム実況に必要な機材はこれだけ!【スイッチ・PCゲーム】

花のビアンセ
ゲーム実況してみたいけど、何を揃えたら良いか分からない。どうせ買うなら良い製品を確実に選びたい。

こういった疑問や悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • ゲーム実況に必要な機材
  • トータルの費用

 

本記事を書いてる私についてですが、最近Nintendo Switchを購入して、本格的にゲーム実況を始めようとしている者です。

一通り、機材を購入したので記事をまとめることにしました。

 

皆さんと同じように、何から揃えたら良いのか分からず、鬼調べて厳選したつもりなので、良かったら参考にしてみてください。

それでは順番に見ていきましょう(`・ω・´)ゞ

【YouTube】ゲーム実況に必要な機材はこれだけ!

シンゴ
任天堂スイッチ・プレステを使ったゲーム実況をしたい人向けに解説します。

有名なYoutuberもそうですが、基本的にはパソコンを通してゲーム実況しています。

スイッチとプレステ本体にレコーダー機能もありますが、録画時間が短く、自分の声も入らないので使えません。

パソコンを通してゲーム実況するためにどうすれば良いのか?

キャプチャーボードと呼ばれる機材が必要になります。詳細は後ほど解説します。

必要機材の全体イメージとしては、以下の通りです。

任天堂スイッチ・プレステのゲーム実況

必要な機材
  1. ゲーム機
  2. キャプチャーボード
  3. パソコン
  4. マイク
  5. HDMIケーブル・USBケーブル

まず大前提にキャプチャーボードは、ゲーム実況に欠かせない機材です。

TVでゲームされている方がほとんどだと思いますが、キャプチャーボードを使えば、パソコン画面にゲーム画面を映し出すことができます。

花のビアンセ
そもそも、まだゲーム機本体を持っていない人は必要に応じて購入しましょう
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥31,800 (2020/07/06 01:30:34時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのキャプチャーボードは?

先ほどもお伝えした通り、Nintendo Switchやプレステをゲーム実況したい場合、キャプチャーボードが必要になります。

改めて、僕が購入したゲームキャプチャーはこちら。

ゲーム実況する人のために作られたキャプチャーボートでして、必要な機能は全て搭載されています。

キャプチャーボードには、内蔵型と外付け型がありますが、こちらは外付け担っていて、MacBookのようにノートパソコンで編集したい人や、USBを刺して使いたい人におすすめです。

主な機能は下記の通り。

主な機能
  • ライブ配信機能
  • ゲームを録画して、自分の声を動画に入れることができる。
  • 声を別録りできる。
  • 付属ソフトでも簡単なカット編集ができる。
  • YouTubeに動画を直接アップロード可
  • Flashback録画機能

嬉しいのが付属品として、USBケーブルとHDMIケーブルが含まれている点です。

Amazonのキャプチャーボードおすすめ順でも、一番上列に表示されているくらい、メジャーな商品になるので、迷われている方は思考停止して、Elgato Game Capture HD60 Sを購入しましょう。

同シリーズに、①Elgato Game Capture HD60、②Elgato Game Capture HD60 Proもあります。

①は古いモデルなので買う必要性0

②は価格が高いのでコスパ悪いです。

おすすめの実況用マイクは?

マイクは価格がピンキリでして、どれにすれば良いのか自分も迷いました。

結論から言うとコスパが良いのは2つだけです。

  • マランツプロ USBコンデンサーマイク MPM1000U
  • FIFINE ファイファイン USB コンデンサーマイク

お金がある方は、マランツ製品のマイクがメジャーなようなので、参考にしてみてください。

created by Rinker
マランツプロ(Marantz Professional)
¥15,000 (2020/07/05 12:46:07時点 Amazon調べ-詳細)

低ノイズで高音質なので、コスパが優れているようです。個人的には予算オーバーだったので断念しましたが、声にこだわりたい方は是非。

そして、僕が購入したのはファイファイン製品です(`・ω・´)ゞ

USBなので、パソコンにぶっ刺せますし、ボリューム・エコー共に調整できます。

ノイズに強い単一指向性を採用しているので、音もクリアに拾ってくれますよ。

地味に嬉しいのが、マイクを支える台も付属されていている点です。

諸々込みでこの価格なので、コスパは良いかなと思います。(マランツには付属されていない。)

ゲーム実況機材の合計費用

必要費用
  • 任天堂スイッチ 32,000円
  • FIFINE ファイファイン USB コンデンサーマイク 3,000円
  • Elgato Game Capture HD60 S 20,000円
  • ゲームソフト×2 14,000円
  • 動画編集ソフト 5,000円
    合計74,000円
  • FINAL CUT Pro 30,000円は検討中

7万弱かかったわけですけど、後悔はしてません。

僕はこのブログを始める際に、初期費用など合わせて5万弱かけました。

2ヶ月前に元を取ることに成功して、今は5,000円〜1万円ほど収益が発生しています。

その収益を今度は、動画コンテンツに流すイメージですね。得た利益は自分に投資する姿勢は崩さずに、今年は動画コンテンツに注力していきます(`・ω・´)ゞ

PCゲームの実況(スイッチ・プレステを使用しない人向け)

シンゴ
また、PCゲーム実況の場合は方法が異なるので、そちらから先に紹介していきます。

PCゲームの場合はキャプチャーボードは必要ありません。

必要なのは、PC画面を録画するためのツールのみです。

僕が使っているのは、Video Procと呼ばれる有料ツールでして、ネットでの評価が良かったので選びました。

「Video Proc」の画像検索結果

>>Video Procの詳細を見に行く

機能としては下記の通り、鬼優秀です。

主要な機能
  • 4K UHD/8K
  • 動画編集&変換
  • PC画面録画
  • DVDコピー
  • 動画ダウンロード
  • 音楽ダウンロード
  • 音声変換

特に大事なのは、太文字にしているPC画面録画」になります。

声質が気にならない人はマイクを買う必要もありません。ただ録画すれば撮影完了なので、楽チン。

Video Procの値段は、4,980円です(`・ω・´)ゞ

しかも月額制ではないので、一度買えば永久的に使うことができますし、簡単な動画編集は可能なので、良かったら検討してみてください。

>>Video Procの詳細を見に行く

まとめ

というわけで今回はゲーム実況に必要な機材等を紹介してみました。

簡単ですが、とはいえ機材を揃えるのにお金はかかりますね。

それで良いゲームライフを(`・ω・´)ゞ