スタバを無料で楽しむ方法【ドリンク0円】

【理想を現実に】僕のチェンマイ移住計画をお話しします。【随時更新】

 

タイはバンコクとサムイ島しか行った事がなく、正直「チェンマイ」に期待はしていませんでした。

 

結論、チェンマイに住みたい。

長期じゃなくて、短期(3ヶ月〜6ヶ月)滞在がベスト。

 

現地のガイドさんと話していると、チェンマイ市内なら家賃1万円で住めるとのこと。

 

現在、東京で1人暮らしをしている僕は家賃に9万〜10万支払っています。その時に「なんで日本に住んでいるんだろう」って疑問を抱いてしまいました。笑

 

というわけで、以下が調査レポートです。

本記事の内容

  • チェンマイ市内の様子
  • 生活費
  • 交通の便
  • 友人やコミュニティ
  • 国内と国外アクセス

【理想を現実に】僕のチェンマイ移住計画をお話しします。

ここがチェンマイの中心部です。ナイトマーケットもこの辺りにあります。

 

スタバなどのチェーン店も点在しており、安心感がありました。

大きなショッピングモールもあります!

 

ここは東京でいう代官山のようなエリアでして、最近ここの近くに2018年12月に新しいショッピングモール「ワンニマン」もOPENしました。

個人的には、この辺りに住みたいなと考えています。

受賞歴のある美味しいコーヒー屋さんも沢山あってめっちゃ快適に過ごせそう。

チェンマイ の生活費(月:6万円)

家賃 月1万円
食事 月3万円(1日3食)(3食屋台の計算)月4万円ならレストラン利用もできるイメージ
交際費 1万円
その他(カフェ利用) 1万円
合計 6万円

だいたい合計で6万円〜くらいかな。

 

タイでは自炊をしない文化なのでその分、食事などが屋台で安く手に入れることができます。

家賃も探せばもっと安いところがあるとか。笑

リサーチ次第ではもっと生活費を落とせそうですね。

チェンマイ の生活スタイル

  • 基本的に仕事はパソコンで完結。
  • マンション(狭くても良い)を短期契約する
  • 3食とも外食
  • 仕事はコーヒーを飲みながらカフェで。
  • たまにサムイ島やバンコクに旅行する

チェンマイの交通の便

もしチェンマイに住むとなったら、トゥクトゥク以外は考えていません。

 

まずチェンマイ自体がコンパクトなので、街の中心部のマンションさえ借りたら徒歩でも歩ける距離がほとんどです。

 

かつ、だいたい50から100バーツ(150円〜300円)なので、わざわざ高いお金を払ってバイクを買う必要もないでしょう。

このお兄さんたちは、最初「ありえない金額」を提示してきます。

なので、その半額くらいの値段を提示しても大丈夫です!強気で行きましょうw

チェンマイ の友人やコミュニティ

タイは白人からアジア人まで多様な人種の人が生活をしています。(旅行も含めて)

一度行けばわかりますが、タイ人のフレンドリーさは神です。

寂しくなば、外に出たら話せる人は沢山いるっていう感覚です。

また日本人コミュニティーなどを利用して、定期的に日本人と話すこともできるでしょう。

この辺りの心配は特にしていません(`・ω・´)ゞ

チェンマイ国内・国外アクセス

*スカイキャンサー調べ(2018年9月のデータ)

東京〜4万円

大阪〜2万円

サムイ島〜2万円

まあ、こんなもんでしょう。

もう少し時期をずらしたり、リサーチさえすれば安い航空券もありそうです。

 

東京で生活をすると、最低でも20万は手取りがないと超キツキツな生活になります。

けどチェンマイなら手取りが15万とかでも人生豊かに暮らせると思いました。

 

しかも東京で家賃が10万ですが、チェンマイだったら家賃1万円、たとえ仕事を辞めて収入が減っても、貯金はチェンマイの方が貯まりそうです。

 

以上、チェンマイ移住レポートでした。
まだ情報が足りていない、証拠が薄い部分もあるので随時更新します。

それでは(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です