スタバを無料で楽しむ方法【ドリンク0円】

LINEスタンプの作成方法を伝授!無料アプリでサクッと作ろう【経験者伝授】

花のビアンセ

LINEスタンプって簡単に作れちゃうんですよ!しかも無料で!

 

この記事を読んでいる皆さんは、
きっとスタンプを作ってみたい気持ちが少しでもある人だと思います。

 

私もスタンプを作り始めた3年前は試行錯誤で色々試していましたが、当時は専門知識がないと使いずらいツールばかりでした。

でも今は無料で使えるアプリが多数リリースされて、多くのクリエイターがLINEスタンプ市場に気軽に参入しています。

 

興味があるうちに、自分だけのオリジナルスタンプを一緒に作っちゃいましょう!

LINEスタンプの作成方法を伝授!無料アプリでサクッと作ろう!

  1. イラストを描く
  2. 電子化する
  3. 色やデザインの調整をする
  4. 文字をつける
  5. 背景を透過する
  6. サイズを調整する

ただ、『電子化する』の作業はスキップしても大丈夫です。

 

最初からスマホアプリ上でイラストを描いている人であれば、
そもそも電子化する必要がないからです。

 

*イラストをアプリ上で描く人はNO.1を飛ばしてNO.2から始めてください。

紙で描く人はNO.1は必須になるのでご注意を!!

 

LINEスタンプ作成するにあたり、それぞれのステップに対応するオススメの無料アプリを6つ紹介していきます!

NO.1 Camera Scanner

花のビアンセ

1つ目は、紙とペンでイラストを描く人が、そのイラストを電子化できてしまうアプリを教えちゃいます

 

スタンプを作成するにあたって、イラストをネット上に落とす必要がある事は、みなさんご理解して頂けていると思います。

 

このアプリは自分で描いたイラストやデザインをスキャンし電子化できちゃう超神アプリです。

つまり紙ベースでイラストを書きます!という方には必須となるアプリなので使い倒しましょう。

 

では早速使っていきます。

アプリを起動後、イラストを撮影

電子化したい箇所を限定する

確定すると、このように電子化が完了

以上です。説明するまでもなく簡単ですね。

 

細かい設定とか要らなくて、ただ写真を撮って区画を決めて確定すれば完成しちゃいます!

イラストを電子化したい人はぜひCamera Scanner』使ってみてください!


App Storeからダウンロード

アイビスペイントX

花のビアンセ

2つ目はイラストをアプリ上で直接描きたい人へのオススメになります

 

ibisPaint X は今、大人気の本格お絵かきアプリです。

 

特にデジタルで絵を描いたことがない人にオススメしたいアプリです!

つまりはLINEスタンプを紙とペンを使わずにアプリだけで作りたいならこのアプリを使うしかありません

 

アプリを開き、一番左端にある+ボタンを押してサイズを確定する

❶                                        ❷

ペンでイラストを描く、サイズ調整可

バケツマークを選択して、色を付ける。←を押して保存する

以上です。私のキャラクターはシンプルで参考になったかどうか分かりませんが笑

 

より細かいタッチが必要なイラストも、このアプリであればキチンと小回りが利くようになっています。

このクオリティと使いやすさで無料なのは神過ぎますね。

 

ぜひダウンロードして使ってみてください!


App Storeからダウンロード

NO.3 Phonto

 

花のビアンセ

イラストが完成したところで、3つ目はイラストと同じくらい大切なセリフをつけるステップへ進みましょう♫

 

このアプリの凄いところは400種類以上のフォントが利用でき、また40種類の日本語フォントが利用できる点です。

 

またセリフの配置を考慮してイラストのポジションやサイズを自由に変えることができることが、LINEスタンプ作成において適したアプリだと言えるでしょう。

 

アプリ起動後、写真を選び、右上にある完了の隣のマークを押す。

枠の中で自由にポジションを変える(セリフの位置を考えて)

場所を選び、セリフを入力する

 

 

 

 

 

 

 

⑷サイズや場所の最終調整する

以上です。作成していたスタンプがたまたま「会いたい」でしたが、全然病んでないので心配しないでください笑


App Storeからダウンロード

NO.4 背景透過

花のビアンセ

現段階でスタンプは完成しています。あとはLINEが定めている規定に合わせるだけです。その作業の1つ目として背景を透過しましょう!

このアプリは、写真の不要な背景を透過して切り抜くことが主にできます。

不要な箇所をタップするだけで削除範囲が自動判別され切り抜きを行えますし、個人的に気に入っているのが画面を拡大/縮小しながらの操作ができる点です。

 

不要な箇所をタップして透過する。

 

 

 

 

 

 

 

※写真の拡大/縮小を行いながら切り抜き操作が可能です。

 

 

 

 

 

削除しすぎた箇所がある場合は自動復元機能を使用。

 

 

 

 

 

 

 

以上です。あとはメニューバーの出力から保存すると完成になります。


App Storeからダウンロード

NO.5 バッチリリサイズ 2

花のビアンセ

ここまで本当にお疲れ様でした。いよいよ最後のステップですね♫最後は画像のサイズを調整しちゃいまししょう!

 

リサイズする大きさは任意のサイズを予め登録しておくことができるので、3タップほどで簡単に操作することができます。

サイズは以下を参考にしてください♫

LINEスタンプ 規定のサイズ一覧表

必要数 サイズ(pixel)
メイン画像 1個 W 240 × H 240
スタンプ画像(選択式) 8個/16個/24個/
32個/40個
W 370 × H 320 (最大)
トークルームタブ画像 1個 W 96 × H 74

規定のサイズW370 H320PNGに設定する。

リサイズしたい写真を選び、画面右上からカメラロールを選択して保存する。

これで作業は完了です。

 

またメイン画像、トークルームタブ画像に関しては同じ要領でサイズを変えて頂けたらと思います。


App Storeからダウンロード

 

というわけで今回は、LINEスタンプの作り方について紹介していきました。

無料アプリでLINEスタンプはリリースできますので、興味がある人は是非試してみてください。

 

花のビアンセ

ここまで読んで頂きありがとうございました。以上6つをザッとお伝えさせて頂きましたが、どうでしょうか!?予想外に簡単に作れちゃうことがお分かりただけたと思います。全て無料で手に入るので少しでも興味のあるお方はぜひ試して見てくださいね♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です