スタバを無料で楽しむ方法【ドリンク0円】

ココクレーター植物園までのアクセス・営業時間は?サボテンの行き方も解説【体験談あり】

シンゴ

せっかくハワイ行くし、穴場スポットに行きたいな。誰かおすすめ教えてください。

こういった疑問に答えます。

 

今回は穴場スポットになりつつある「ココクレーター植物園」のレビューになります。

本記事の内容

  • ココクレーター植物園までの行き方・営業時間
  • サボテンエリアへの行き方
  • ココクレーター植物園の感想レビュー

 

私については以下の通りです。

Who I Am ?

  • 毎年ハワイへ渡航
  • ココクレーター植物園へ訪問済み

ハワイといえばワイキキビーチやアラモアナショッピングセンターですよね。

そのほかにも、ホノルルビーチのような場所をイメージされるかと思います。

 

僕は先日で10回目のホノルルに行ってきましたが、

僕と同じように「そろそろ、穴場な場所行ってみたい」って方も意外と多いのではないでしょうか?

 

そこで今回、インスタ映え確実な、穴場スポットを見つけたので紹介します。

それがココクレーター植物園です(`・ω・´)ゞ

ココクレーター植物園までのアクセス・営業時間は?サボテンの行き方も解説

ココクレーター植物園までのアクセス(行き方)


ホノルルの中心地『モアナサーフライダー』から車で25分

ドライブコースに適した距離にあります。

バスの場合は、アラモアナセンターかワイキキのカラカウア通りから23番に乗ると、

公園の入り口近くまで行くことができます。

住所 Kokonani St, Honolulu, HI 96825
エリア  オアフ島 > イースト・オアフ > ハワイカイ

ハイウェイ(72)で海岸線を走り、サンディービーチを超えてすぐ左にケアラホウ・ストリートがあるので山側へ入ります。

少し走ると、ココナニ・ストリートがあるので、また左折します。

突き当たりが公園の入り口になります。

ココクレーター植物園の営業時間

営業時間は、日の出から日没までです。

時間で決まってはいないので、事前に日没時間を確認する必要があります。

また、車を止める駐車場もあるので、その点は安心してくださいね。

ココクレーター植物園「サボテン」までの行き方

シンゴ

結論からいうと『AMERICAN SECTION』にあります!

ただ、気をつけるべきポイントはサボテンがある『AMERICAN SECTION』の場所を見つけるのが、とにかく大変。

 

園内には道中に案内標識などなく、観光客向けに整備されていない感じでしたので迷うこと必須。。。

まさに穴場な観光地。。。

 

ただ、アメリカンセクションってキーワードだけ覚えておけば職員に聞けば方角を教えてくれるはずです。

僕はこのキーワードすら知らなかったので、非常に困りました。

ココクレーター植物園の感想レビュー!

ハワイには5つ植物園があり、そのうち4つは無料で開放されています。

その無料植物園のひとつがココクレーター植物園です。

 

1958年に造園されたこの植物園は本当に広い、、とにかく広い、、

全部回ろうとすると、3時間ほどはみておいた方が良いです。

 

そもそも私がこの植物園を選んだ理由はなぜか見当つきますか?

 

花のビアンセ

う〜ん、無料だから??

 

それもそうですが、正解は超巨大サボテンを見るためです。

ここには個性的かつ、巨大なサボテンがたくさんあります。

花のビアンセ

えっ、これはデカ過ぎw

自分の身長なんかはるかに超える大きさ。2倍以上は大きかったですよ!(身長174センチ)

驚くのはまだ早いです、まだまだこんなもんじゃないんですよ。

 

いろんな形の巨大サボテンたちが同じエリアにたくさんいて、しかもどれもアメリカンサイズ。

枠に収めることができませんでした。。。

僕の身長が174cmなので、その巨大さがわかると思います。

 

めちゃくちゃ気持ち悪い、巨大なサボテンも発見しましたよ。

こんなのみたことないです。

注意しないといけないのが写真撮影に夢中になったあまりに、サボテンの針にやられてしま懸念点が挙げられます。気をつけないと出血大サービスです。

 

ここまで奇妙なサボテンに囲まれてしまうと、もはや違う惑星に迷い込んだ気分に。。

けどこのエリア、一応アメリカだったみたいです。

まとめ

というわけで、今回はハワイの穴場スポット『ココクレーター植物園』をご紹介しました。

 

ハワイって海も綺麗ですけど、山側にもこんな魅力があるなんて、、

何回もハワイに来ていながら、ようやく気づくことができました。

 

特に『ココクレーター植物園』は日本人観光客0、観光客も全然いなかったのでおすすめです。

きっと、あなたの知らないハワイの魅力がそこにはあるはずです。

 

それでは(`・ω・´)ゞ

関連記事

【泊まってきた】ハワイ島でリゾートバカンスするなら、おすすめホテルは3つだけ 【ハワイ】マラサダ発祥の店『レナーズベーカリーハワイ』をレビュー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です