Netflixのレビュー記事を随時更新中!

スタバのコーヒー豆『グアテマラカシシエロ』はおすすめ?【飲んだ感想】

 

シンゴ

どうも、こんにちわ!スタバで4年間働いていました、シンゴです!

今回はスタバ1月新作/季節限定コーヒー豆『グアテマラカシシエロ』のレビューです。

毎年、この時期になると『グアテマラカシシエロ』と『ザハトルテ』のフードペアリングをついつい欲してしまいます。

パートナーの中でも人気のコーヒー豆でして、個人的にも推してきたコーヒー豆の一つになります。

そんなカシシエロの魅力と飲んでみた率直な感想をお伝えできればと思います。

それでは詳細は下記で(`・ω・´)ゞ

スタバのコーヒー豆『グアテマラカシシエロ』はおすすめ?

グアテマラカシシエロ

価格

250g:1810円

酸味

MEDIUM

コク

MEDIUM

こんな方におすすめ!

  • スタバのコーヒー豆の中でも中煎りのコーヒー豆を探している方。
  • 滑らかな口当たりの酸味とコクのバランスが取れたコーヒーをお探しの方。
  • ラテンアメリカ産のコーヒーが好きな方。
  • チョコレートとコーヒーを合わせるのが好きな方
コーヒー ストーリー

カカオを思わせる香りと、上品で滑らかな口当たりが特徴のコーヒーです。

ほのかに感じるシトラスの風味と、後味にココアパウダーのような香りが感じられます。デザートを際立たせる風味が豊かなコーヒーです。

グアテマラカシシエロの生産地や味の感想

グアテマラはラテンアメリカの国です。

そして、カシシエロはアンティグア地域に位置しています。

実はこのアンティグア地域は3つの火山に囲まれています。

アグア火山、フエゴ火山、アカテナンゴ火山

よって、ミネラル分が豊富な土壌で育つため、そのコーヒーの風味も高まります。

 

グアテマラは標高を基準にコーヒーの等級を決めています。標高が高ければ高いほど質が高いとされます。

さらに、スタバで取り扱いするグアテマラ産コーヒー豆は標高が1800mのコーヒー豆と契約するため、非常に質が高いと言えます。

ちなみに契約している農園はアンティグア農園です。

 

飲んだ時に感じたのはココアのような心地よい風味とレモンのようなスッキリさを兼ね併せる、コクと酸味のバランスが取れたコーヒーだと思いました。

ここで一度、カシシエロの特性をまとめておきます。

コーヒー基本情報

生産地 ラテンアメリカ(グアテマラ)
加工法 水洗式
キーワード ダークココア・レモン
風味 酸味:Medium コク:Medium
相性の良いフレーバー ココア、レモン、ナッツ、カラメル、チーズ

キーワードにダークココアと書いてあるように、チョコレートなどのデザート類と相性が良いです。

 

グアテマラカシシエロは、キャンリスと呼ばれるアメリカのレストランでデザート用のコーヒーとして出す際にスタバと一緒に共同で開発したコーヒーになります。

 

なので、このコーヒーを頼む際にはチョコレート系のデザートとペアリングすることがおすすめです。

個人的に好きなのはザハトルテとの組み合わせです。

甘さの中に上品さもあって、レモンのような爽やかさがコーヒーにはあるので食後のデザートにぴったりな組み合わせです。

まとめ

今回は1月のシーズナルコーヒー『グアテマラカシシエロ』を紹介しました。

特に人気の高いカシシエロですが、唯一値段が高いところが気になりますね。

期間限定というレアなコーヒー豆ですので、それでも一度飲んでいただければと思います。

日替わりのドリップコーヒーで店頭で飲めたら、とてもラッキーですね!

それでは(`・ω・´)ゞ

関連記事紹介

スタバのコーヒー豆に興味あるけど、「選び方」がわからない方はこちら

スタバのコーヒー豆の選び方

スタバのコーヒー豆の「産地」について気になる方はこちら

スタバのコーヒー豆産地について

スタバのコーヒー豆が「まずい」って聞いて、不安に感じている方はこちら

スタバのコーヒー豆は本当にまずいの?

スタバのコーヒー豆 ハウスブレンドがまずいって酷評されている件