iTunesカードを無料で手に入れる方法

ノンデザイナーズ・デザインブック第4版『近接・整列・反復・コントラスト』レビューまとめ

花のビアンセ

タイトルの通りデザイナーがいらないと言えるほど、簡単にわかりやすく解説された本です!

 

本当にわかりやすいの?

 

花のビアンセ

某大手IT企業に勤めるデザイナーの友達に、デザイン初心者の人は読むべき!とオススメされた本だからね

 

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

 

なるほど。。。

 

花のビアンセ

今回は、全部解説するのは難しいので、ほんの一部分だけ紹介します。あとレビューをさせてください

4つの基本原則

良いデザインの作品には、今からご紹介する4つの法則が存在します。

 

本書では、冒頭にそう書かれています。

❶コントラスト(Contrast)

 

❷反復(Repetition)

 

❸整列(A lignment)

 

❹近接(Proximity)

今後、自分がデザインするときに、この4つの柱を意識してデザインできるようになること。

 

ここをゴールにします。

原則1 近接

まず手始めにこちらの名刺の写真をみてください。

5つの情報があり、綺麗に配置されていますが、名刺のデザインとしては悪いデザインです。

 

この名刺を見た人はおそらく、目線が5回ほど動いたと思います。

 

最初に1番真ん中の大きい文字に目がいき、その後のアクションとしてどこをみれば良いのか一瞬の迷いが生じると思います。

 

ただ並べるだけでは良いデザインにはならないということが分かります。

こちらはどうでしょう?

 

上に名前を大きく載せて細かい情報は一箇所に集約(グループ化)しています。

 

こうすることで上(名前)から下(詳細情報)へ目線を誘導することができ、読み手にとって読みやすいデザインになるのです。

 

グルーピングすることが大事であることがわかります。これが近接です。

原則2 整列

「整列」この法則も名刺で説明されています。

整列という文字で、これは何となく感覚で分かる人も多いと思いますが、要素の端は一つの「線」になるように揃えましょう。

 

これを原則の一つ「整列」と呼びます。

 

写真の右端が揃うように、イラストは線で揃えた方が見易いという法則があります。

 

作者によるとデザイン初心者の人は、イラストを真ん中に配置しがちである。

 

何も考えずに、真ん中に配置するのは良くない。と述べています。

この写真がとても分かりやすいと思います。

 

真ん中の文字列の端に線が両端に見えると思いますが、この線があることで、よりデザインが綺麗に整列された印象になります。

原則3 反復

上記で紹介した、近接と整列でも良いレイアウトは作れますが、

もう一歩踏み込んだ領域が「反復」になります。

たとえば、上の画像を見てください。

上と下に一本の線が引かれているのが分かります。

上下に同じ線を引くことで、「始まり」と「終わり」を視覚的に伝えています。

反復、つまりは共通するものを見つける、作る。

 

例えば(字体・空き・整列・正方形のビュレット)どこかに共通点を作ること。

 

そうすることでイラストなどが加わっても、レイアウトが変わっても、共通の意味を持たせることができます。

原則4 コントラスト

異なるもの、強調させたいものは、

ハッキリと異ならせることが大事だと作者は述べています。

例えば下の2枚の写真を見比べてみて下さい。

どうでしょうか。

 

コントラストを意識するだけで、目立たせたい文字とそうでない箇所との差別化が取れていると思います。

 

ちなみにここでは、反復もされていることがわかります。上の赤文字と下の赤い点線。

 

これを使うことで上下の中で統一感を出すことができています。

まとめ

以上、簡単に説明しました。

 

デザインの勉強を始める前段階で事前に知っておくと、その後の勉強の飲み込みも早くなるような気がします。

 

実際、デザイナーの友達がそうだったみたいです。

 

今、デザインの勉強が楽しすぎます!!

 

もっともっとスキルをたくさん吸収して、はやく自分の思い描いているサービスを形にできるよう精進します!

 

みなさんもぜひ「ノンデザイナーズブック・デザインブック」読んでみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です