iTunesカードを無料で手に入れる方法

【アコギ】ギター初心者に超おすすめ練習曲『10選』あわせて練習法も解説

花のビアンセ

ギター初心者

アコギ始めたけど、曲が全然弾けるようにならない。どの曲から練習したら良いの。誰か教えてー

 

何の曲を練習したら良いのかわからない、初心者におすすめな曲がわからないって人は意外といると思います。

本記事では、これらの疑問や悩みに答えます。

 

本記事の内容

ギター初心者に超おすすめな練習曲『10選』を紹介

シンゴ

改めまして、こんにちわ!アコースティックギター歴11年目のシンゴです!今では作曲もしています。

 

こちらが僕の作曲したオリジナル曲『花のビアンセ』です。

どんな曲でもある程度弾けるようになり、今ではアーティストの曲のアレンジもできるようになりました。

今回は個人的におすすめな、アコギ初心者の方にぴったりな練習曲を厳選してご紹介します。

一応、前提としては『Fコード』が弾けると仮定して選曲しました。

 

まずはなぜ練習曲が大事なのか、、、

順番に説明します\(´ω` )/

ギター初心者にとって練習曲の『選曲』が大事な理由・コツ

挫折する恐れがあるから

初心者にとって練習曲はとても大事です。

 

皆さん、初めてギターのコードが弾けた時の喜びを覚えていますか?

 

個人的な話をすると僕の場合は、実家の倉庫に眠っていたボロボロのギターを見つけたのがきっかけです。

初めてFコードが弾けた時は正直、あまり感動とかはなくて『意外といけるじゃん』って天狗になった記憶があります。笑

 

やっぱりギターって自分のできる幅が目に見える形で確認できるので、とにかく楽しくて仕方ないですよね。

 

ただその反面、『一曲』弾けるようになるのって結構大変です。

僕みたいに天狗になるどころか『ギターって難しい、自分には向いていない・できない』とやめてしまう人がいるのも事実です。

でも実際のところ辞める人の大半は『選曲』を間違えているだけでして、非常にもったいない場合が多いです。

 

練習時間が楽しくないと感じてしまう

選曲を間違えてしまうと、前に進むことができずにいつの間にか自信を失います。

だんだん指も痛くなってきて、練習の時間が苦痛に感じ始めます。

最終的には楽譜を見ているのが辛くなってきて睡魔に襲われ、練習を一時中断してしまう。

 

僕もこの経験があるからこそ、その気持ちがとてもわかります。

『こんなの弾けるわけないじゃん』って難曲に遭遇するとなります、人間そんなもんです。

結論をいうと、『楽しいか、楽しくないか』!ココがとても重要です。

 

だからこそ、選曲さえ間違えなければOKAYです。

そして、ある程度弾けるようになれば好きな曲だけ練習すれば良いでしょう。

 

今回は個人的にこの曲を練習したおかげで、ギターのスキルが超上がった!!

僕が、そう実感した曲を厳選してご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは順番に見ていきましょう\(´ω` )/

難易度別:おすすめの練習曲10選まとめ

過去に僕が練習した曲の中で、これは本当に為になったなと感じた曲のみを集めました。

 

ユーチューブで曲は聞けると思いますが、楽譜は購入しないといけないので、耳コピが無理!って人は楽譜も合わせて購入を検討してみてください。

 

最初の頃は楽譜で練習することで上達の速度を上げていくのが精度が高くておすすめです\(´ω` )/

 

1:チェリー(スピッツ) 

定番の曲ですね。

コードの練習にもなりますし、店舗も早すぎないのでおすすめの一曲です。

 

2:スタンドバイミー(BEN E KING) 

これは、簡単なので本当に初心者の人に弾いてもらいたいですね。

何よりも6弦だけで簡単に弾けるので、女性の方にもおすすめです.

 

3:レットイットビー(ビートルズ) 

ビートルズのど定番の曲ですね。

これもコードの練習になるので、本当に初心者の人がやるべき曲だと思います。

 

4:ブラックバード(ビートルズ) 

アルペジオの練習がしたいのであればおすすめですね。

左手のポジションが大きく変わらず、横にスライドするだけなので良い練習になると思います。

 

5:風の詩(押尾コータロー) 

いよいよ、メロディーを楽しむフェーズに入ってきました。

押尾コータローさんの曲は、メロディーラインがとても綺麗で弾いていて気持ちが良いです。

 

6:ティアズインヘブン(エリッククラプトン) 

僕はエリッククラプトンに育てられて、ここまできと言っても過言ではありません。

このアンプラグドというアルバムに収録されている曲は全て弾けます。

ギターが上手くなりたい初心者の人は、この楽譜を買って制覇する勢いで練習すれば良いと思います。

中でもこのティアズインヘブンは名曲です。

 

7:夏色(ゆず) 

皆さんご存知のゆずの夏色ですね。

明るいアップテンポの曲は、ストロークの良い練習になると思います。

 

8 :桜咲くころ(押尾コータロー) 

この曲が弾けたら人生変わるってレベルで良い曲なんですよね。

僕にとってギターを楽しむ感覚が掴めたのはこの曲のおかげでした。

 

9:HEYHEY(エリッククラプトン) 

めっちゃ渋い曲です。

これは先ほどお話しした、アンプラグドに収録されている曲です。

ティアズインヘブンと合わせて、ぜひ練習してみてください。

 

10:RED SHOES DANCE(押尾コータロー) 

ラストは押尾コータロー、ここまで弾けたらもう一人前です。

ハンマリング、スライド、ネイルアタック、バランスよく技術も取り入れているのでスキルアップにはおすすめの曲ですね。

以上となります。

気に入った曲と、難易度を照らし合わせながら練習に励んでみてください!