NETFLIXの情報を随時更新中!

【元店員伝授】スタバのコーヒー豆の選び方!コツとポイントを紹介【これでもう迷わない】

スタバの客

スタバのお豆に興味がある人。

スタバのコーヒー豆を初めて買うんだけど、どうやって買えばいいの?人気な種類とかあるの?

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

スタバ初心者の方にコーヒー豆の買い方をわかりやすく解説

こんにちわ、

スタバで4年間、ブラックエプロンとして働いていました。シンゴです。

 

コーヒー豆の接客はもちろんコーヒーセミナーも経験しているので、その時の経験をもとにどうすればスタバのコーヒー豆を迷わずに選べるようになるのかご紹介します。

 

僕もスタバに入社するまで、コーヒーについての知識は皆無。

選び方なんてサッパリわかりませんでしたよ。笑

 

本記事ではコーヒー初心者 or スタバ初心者の方でも安心してコーヒー豆を選べるようになるステップを説明していきますね。

スタバのコーヒー豆 種類・ローストレベル・産地・値段は?

一度スタバのコーヒーを全種類飲んだことがある人は、コーヒーの『香り・酸味。コク・風味』の違いで、好きなコーヒー豆を選ぶことができると思います。

 

でも、スタバのコーヒー飲んだことないし、コーヒー豆の選び方が分からなくて困った!って人は以下の情報をベースに選びましょう。

  • 種類
  • ローストレベル
  • 産地
  • 値段

以上、4つが大枠の指標になっているからです。

判断基準として、これらを意識することでどのコーヒー豆にするべきか自分の好みや価値観と照らし合わせながら選んでみてください。

 

それでは順番に見ていきましょう\(^o^)/

スタバのコーヒー豆 種類は?

 

スタバの取り扱いしているコーヒーって何種類あるの?

 

スターバックスで取り扱いしているコーヒー豆は現在、16種類です。

この他にシーズナルコーヒーといって期間限定販売されるコーヒー豆や、リザーブコーヒーという希少なコーヒー豆だけを取り扱うシリーズもあります(一部店舗のみ)

 

スタバのコーヒー豆 ローストレベルとは?

 

スタバって何を基準に豆を種類分けしているの?

 

ローストレベルと言って、スタバではコーヒー豆の焙煎度合いを3つのレベルに分けています。

『ブロンドロースト』『ミディアムロースト』『ダークロースト』

これら3つの中から自分の好みのローストレベルを見つけられるとGOODです!

基本的にはブロンドローストのコクは軽くナッツを煎ったような風味があり、ダークロストになるにつれて、徐々にしっかりとしたコクや力強い風味が出てきます。

そのちょうど間に位置するのがミディアムローストです。

 

スタバのコーヒー豆 産地は?

 

スタバのコーヒーって生産地はどこになるの?

 

取り扱うコーヒー豆の産地はそれぞれバラバラで、大きく3つに分かれます。

『ラテンアメリカ』『アフリカ』『アジア太平洋大陸』

それぞれの産地によって風味が異なるので、自分の好みの風味を見つける際の参考にしましょう!

 

スタバの豆の値段

 

スタバのコーヒーって高いんじゃないの??量はどれくらい?

基本的には250g(一袋)で1050円〜1300円、100gで600円くらいです。

リザーブのコーヒーお豆になってくると250gで2400円〜6000円になってきます。

 

まとめ

  • スタバの豆は16種類と季節限定のコーヒー豆、リザーブコーヒー
  • ローストレベルは3つ(ブロンド、ミディアム、ダーク)ロースト
  • 豆の産地は大きく3つ(ラテンアメリカ、アフリカ、アジア太平洋)産

以上を、なんとなーく頭の隅に置いててください。

 

これを知っているだけで、コーヒー接客をされた際にスタバの店員さんと対等に会話ができるようになると思いますし、スタバの豆を選ぶ際の判断軸にもなるので意識してみてください。

スタバのコーヒー豆 人気な種類

先ほどお伝えしましたが、スタバには16種類のコーヒー豆を用意しています。

 

スタバの客

スタバのお豆に興味がある人。

16?!時間ないから人気なコーヒー豆早く教えてー!

 

そんな方も居ると思ったので、オススメのコーヒー豆TOP3をご紹介しちゃいますねー!

 

3位 スタバのコーヒー豆 人気な種類 ライトノートブレンド

生産地 ラテンアメリカ
加工方法 水洗式
キーワード MELLOW(柔らかな)

SOFT(穏やかな)

風味 酸味:MEDIUM
コク:LIGHT
相性のよいフレーバー ミルクチョコレート

煎ったナッツ

こんな方におすすめ

  • 上品な酸味が特徴、飲みやすさ抜群
  • 軽めのコク、口当たりの軽さを重視!
  • ラテンアメリカ産コーヒーの明るい味わい
  • 苦いコーヒーが苦手な方

▼豆知識

パッケージに描かれて居るハチドリは、このコーヒー豆が栽培されているラテンアメリカの農園でよく見られるそうです。

 

コーヒー豆の名前「ライトノート」と呼ばれるように、軽めのコクや穏やかな風味を感じることができるコーヒーです。

なので、苦いコーヒーが苦手な人や口当たり軽くコーヒーを飲みたい人にオススメです。

 

さらに、個人的には朝食にトーストを食べる人にもオススメです。

理由としてはバター生地のフードと相性が良いとされていて、スタバではアメリカンワッフルとのペアリングを紹介し続けてきました。

 

様々な楽しみ方がある、ライトノートブレンドぜひ試してみてください!

 

2位 スタバのコーヒー豆 人気な種類 スマトラ

生産地 アジア/太平洋
生産国 インドネシア
加工方法 半水洗式
キーワード EARTHY(大地を思わせる)
HERBAL(ハーブを思わせる)
風味 酸味:LOW
コク:FULL
相性のよいフレーバー シナモン
オートミール
メープル
バター、トフィー
チーズ

こんな方におすすめ!

  • しっかりとしたコク重視
  • ハーブやスパイスの風味が好み(アジア太平洋産コーヒー)
  • 幅広いフード(バターやチーズなど)と合わせて食べられる方
  • 酸味が苦手な方

▼豆知識

インドネシアのコーヒー豆の90%は小規模農園で栽培されており、インドネシア全体の10%だけしかアラビカ種は栽培されていない。

*スタバの豆は全てアラビカ種のみ使用しています。

 

ハーブやスパイスの香りだけでも楽しめますが、飲んだときに感じるコクはとにかく重厚で芯が1本通っているかのような深みのあるコクが特徴です。

 

1位 スタバのコーヒー豆 人気な種類 ハウスブレンド

生産地 ラテンアメリカ
加工方法 水洗式
キーワード RICH(豊かな)
LIVELY(いきいきとした)
風味 酸味:MEDIUM
コク:MEDIUM
相性のよいフレーバー ナッツ
リンゴ
ブルーベリー

こんな方におすすめ!

  • コーヒー初心者の方(こだわりが無い方)
  • コクと酸味のバランスのとれたコーヒー
  • ラテンアメリカ産コーヒーの明るい味わい
  • ロースト感ある甘みと香ばしい香りが好きな方

▼豆知識

1971、創業当初から販売されているスターバックス初のブレンドコーヒーです。

 

ラテンアメリカ産コーヒーの特徴であるナッツやカカオの風味にロースト感ある甘みと、ほどよいコクと酸味が特徴のブレンドコーヒーです。

 

米国と日本でコーヒー豆の売上NO1のコーヒー豆として君臨しており、創業当初の風味を味わうことができる、スタバでいちばん人気のコーヒー豆です。

 

どうしてもスタバのコーヒー豆の選び方がわからない人へ

スタバではコーヒー豆の量り売りをしています。

いきなり250g買うのが気が引けるということであれば、まずは100 gを試しに買ってみることをお勧めします。

16種類のコーヒー豆を100gずつ試していくことで、自分が好きなコーヒーが何かを探すのも全然アリかと^^

 

スタバのコーヒー豆 裏技:サンプルビーンズ

お豆を購入された方限定ですが、店員さんに頼めばお豆のサンプルをいただくことが可能です。

なので、コーヒー豆を買う際に「これのサンプルもらえますか?」と尋ねてみてください。

無理です!って答える店員さんは一人もいないので堂々と頂いて帰りましょう!!

 

 

以上、スタバのコーヒー豆の選び方についてでした\(´ω` )/

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です