NETFLIXの情報を随時更新中!

ネッシーが潜む『ネス湖』までのアクセス方法【ネス湖とアーカート城のレポート】

花のビアンセ

ネス湖って、あのネッシーが潜んでいる湖だよね?!その真相は?実際に行きたいんだけど、行き方だれか教えてー!

 

 

こういった悩み・疑問に答えます。

 

本記事の内容

スコットランドの『ネス湖』を徹底調査・行き方や体験談も

『ネス湖』って、1度は聞いたことありますよね?

イギリスのハイランド地方にあるんですけど、イギリス最大の淡水湖として知られています。

 

スコットランドの中でもさらに上の方にあるので、そう簡単に行ける場所ではありません。

 

ネス湖 地図

でも僕、実はネス湖に『3回』行ったことがあります。(姉妹校がスコットランドにあったので。)

 

なので、正確な情報がお伝えできると思います。

それでは順番に見ていきましょう\(´ω` )/

 

ネス湖の基本情報

こんな感じで、たくさんテレビで取り上げられておりまして、ここまで騒がれてる湖は『ネス湖』くらいな気もします。

簡単にですが、ネス湖の基本情報をおさらいしましょう。

 

ネス湖とは

ネス湖は英語でロッホネスと呼ばれており、イギリス・スコットランド・ハイランド地方にあるインヴァネスというエリアにあります。

 

長さが36kmと縦に細長く伸びていて、国内で最も美しい湖として知られています。

また有名になった要因として、湖底に存在すると噂されているネッシーの存在が『ネス湖』の名前を広げる要因となりました。目撃情報も多数あり、今だに謎は解明されていません。

 

ネス湖はマリー湾に繋がっているらしく、湖水は湾に流れているそうです。

 

ネス湖の大きさ(長さ・幅・深さ)

最大水深 230m
平均水深 132m
2km
長さ 35km
面積 56.4km2
貯水量 7.4 km3

 

面積はローモンド湖に続いて2番目に大きく、貯水量だとイギリスで1番の湖です。

 

数字で見るといまいちイメージ湧きませんが、海?って思うくらいの大きさです。幅自体はそこまで広くはないものの、縦に長いので、不気味な雰囲気がある印象でした。

 

ネス湖とアーカート城

アーカート城は13世紀〜16世紀に建造され、スコットランド独立戦争の舞台になりました。

 

17世紀までマクドナルド一族との戦いが続きましたが17世紀に打ち崩されており廃墟になっています。

現在は、州の管理下に置かれ今の観光地の形態に生まれ変わりました。

ポツンとそびえ立つのが『アーカート城』でして、初めて見たときは意外と小さいんだなという印象でした。

ただ、ロケーションがバツグンでして、城から見下ろすネス湖は壮大すぎて異空間でした。笑

 

ちょうど夕日も重なっていたので、絵の中に入り込んだかのような感覚に。。

写真のように、反対岸はすぐ見えますので幅はそんなにない湖ですが、ここまで縦に長い湖ってあまりないので不思議な感覚になりました。

近づくとこのような感じでして、アーカート城からネス湖を見下ろしている男性がいると思うんですけど、ここベストポジションです。笑

 

本当にこのロケーションは感動します。

 

ネス湖の穴場

あまり知られていないんですが、お城の左下に進むと湖に入れる桟橋のようなものがあります。

 

そこで、湖に触れちゃうことができるのです!

せっかくネス湖に来たなら、触って帰りたいという方はぜひ下の方に降って見てください。

透き通っていて、とても綺麗でしたが、湖に近づくこと自体謎に怖かったです。

 

記念撮影などにもおすすめでして、距離感はこんな感じ。

めちゃくちゃ近いでしょ?

 

でもネス湖って雰囲気があるんですよ、、

近づくのはいいんですけど、ネッシーに食べられても自己責任でお願いします\(´ω` )/

 

ネス湖のビジターセンター

このよう形でシアターがあるんですけど、ネス湖を見に行く前に見ることをお勧めします。

 

アーカート城とネス湖についての歴史を振り返る動画を10分くらい見ることができます。

もし、興味がある方は無料なので見る価値はあると思います。(もちろん、英語)

 

ネタバレをすると、シアター終了後、スクリーン裏のカーテンが上に引き上がり、ネス湖とアーカート城の景色がいきなり現れる演出があります。

 

ネス湖 行き方

僕はエディンバラーインヴァネスのルートで向かいました。

インヴァネスは空港もありますが、便も少ないしタイミングを合わせることが難しかったので列車で向かいました。

 

列車の魅力としては、

  • 景色が楽しめる
  • 乗り換えがなくて楽
  • 安い

かなと思います。

 

景色は相当綺麗でしたよ。

イギリスの壮大な景色が続きます。

 

時間でいうと片道4時間弱はかかったと思います。

当時の価格は、往復で173ポンドでした。

エジンバラの駅からインヴァネスまでは1本でいけるので迷うことは絶対にないかと思います。

 

むしろ問題なのは、インヴァネスーネス湖のアクセスですw

片道20分くらいかな。

観光バスは出ていますが、夕方にはバスが出ません。

 

僕たちは夕方にネス湖へ行ったので、帰りのバスがなくて絶望しましたw

観光バスで来ていた人たちを、羨ましく思っていた時の1枚。

けど仕方なかったんで、タクシーを呼んでもらい無事にインヴァネスに戻ってこれました。

 

ちなみにタクシーはビジツァーセンターの人にお願いすれば、電話してくれますので頼んでみましょう。英語が話せる方はご自身で!

 

注意点としては、ネス湖へ個人旅行で向かう方は帰りの連絡バスの時間を把握してから『ネス湖』へ向かう方がベターです。

 

 

 

以上にはなりますが、ネス湖のご紹介でした!

ネス湖を堪能してきてください\(´ω` )/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です