NETFLIXの情報を随時更新中!

僕が本命だけ面接して『内定承諾』をもらえた秘訣を公開します。【就活生へ届け】

今、僕は都内の大手IT企業に勤めています。

僕の就活スケジュール

  • STEP.1
    2月
    企業と業界リサーチ開始「エントリーシートとウェブテスト」
  • STEP.2
    3月
    1次・2次面接
  • STEP.3
    4月
    3次・最終面接
  • STEP.4
    4月末
    内定

僕の就職活動は3ヶ月で幕を閉じました。

行きたい会社は決まっていたので、そこに行くことしか考えていませんでした。

大手どうこうではなく、誰もが自分の第一志望の会社に就職したいと考えているはずです。

 

 

今回は、「僕がライバルと同じ方法で就活をしなかった理由」→「具体的にした事」→「成功した」という体験談ベースで解説します。

 

皆さんの今後の参考になれば幸いです。

就活でライバルと「5つ」差別化した経緯

就活で他のライバルと差をつける

僕は競合ライバルと同じ方法で勝負しても勝率が低いと考えました。

 

よほど頭の良い人だったら同じ方法で勝てたかもしれない。

けど僕の学歴は底辺。しかも行きたい会社は超大手。

 

「さあ、どうしよう。」

 

就活を開始する直前まで悩んでいました。

僕がとった行動

合同説明会(合説)に行かない。
企業説明会も行かない。
大学のキャリアセンター2度と行かない。(1回行って僕には必要ないと思った。)
友達と就職活動しない。(1番大事)
自己分析しない

合説や企業説明会に行かなくても内定は出ます

合説や企業説明会に僕は一度もいきませんでした。

「合説」に行かなかった理由:行きたい会社が決まっていた

「企業説明会」に行かなかった理由:情報はググればたくさん出てきた

僕の同期はほぼ毎日のように「企業説明会」に行っていました。

 

「説明会」に行かなかった僕は同期から「不思議」に見られてたかもしれませんが、当時の僕は必要性をどうしても感じられずにいました。

むしろメリットの方が大きいんじゃない?って考えでして、それが以下になります。

 

説明会に行かないメリット

自分で必死に調べ上げる事でその企業に対しての深掘りができた。

移動時間の往復2時間を企業分析の時間に使えた。

ただ中には選考の中に「企業説明会」が入っているところもありますのでそれは仕方ないですね。(例えば「銀行」)

 

本当に企業説明会で社風や社員の本質は分かる?

結論を先にいうと「NO」です。

 

企業側も多くの人に来て貰いたいはずなので表向きの顔をします。

実際、すでに会社で働いていますが、入社前と後では全然違うことを痛感しています。

(入社前の懇親会などで会社の人と会う機会はありました。)

自己分析は今すぐやりましょう

自己分析についてですが、少々語弊があると思うので触れておきます。

自己分析は大事です。

 

でも就活だからという名目で特別に「自己分析」の時間は作らなかった。

 

自己分析の「時間を作らない」とは

 

自己分析は早ければ早いほど良いですし、

まとまった時間など必要なくて、日頃から考えられることだと思います。

 

僕は小学生の時に親元を離れて寮生活をした後、留学へ行きました。

毎日のように自分と向き合う生活を続けてきましたので、自問自答は日常的にしていました。

 

例えば小学生の時であれば、基本的に心を開いて頼れる人はいませんでした。

24時間ずっと学校の友達と過ごしていて、今みたいにスマホはなかったので家族と連絡もできない環境でした。

 

けど、自分の『価値観』『素直さ』このような部分が養えたと思います。

なので僕の場合、『周りに流されない価値観』を小学生の時に構築することができました。

 

一人の時間を確保する自分で考えて行動することを心がけていれば、このように自分の中で価値観などロジックが見えてきますので、自ずと自分について分析するようになります。

 

結論:ライバルと差別化ができた

だから僕の場合、「自己分析」の一般的な手法でもある「紙にまとめる作業」に時間を費やす必要がありませんでした。

 

ラッキーなことに周りが「自己分析」をしている間、その時間を企業・業界分析や自問自答の時間に使うことができました。

ここでライバルと差をつけれたと個人的には思っています。

 

逆を言えば、就活のタイミングで自分と向き合うのはあまりにも「遅すぎる」という意見を個人的には持っています。

用事がない限り、友達と就活しない

これ1番大事です

以下が理由

  • 考えを深めるため
  • 自分と向き合う時間を作るため。

友達と協力する事で考えは深まるか?と問われると、僕の答えはNOです。

 

「友達と協力する」=「効率的」と考える人がいますが、これは完全に落とし穴だと思います。

学校のテストだったらこれでOKです。でも就活は暗記すれば良い訳ではないです。

 

*友達と作業することも時には大事。

語弊がないように。

確かに情報共有したり一緒に作業をすれば、その分だけ考えや知識を広げることはできます。

でも自分の考えを深掘りするには非効率な方法だと僕は思います。

 

要するに、物事に対して深掘りする作業に友達は必要ないですよって話です。

自問自答を繰り返す「自分と向き合う時間」が重要であり、そこから自分の意見を導き出す作業が重要になってきます。

 

多少時間がかかっても構わないので、1人で考える時間を作りましょう。

もし第一志望の会社、または人気ランキング上位の会社に行きたいのであれば、なおさら。

 

僕が実践してた企業分析(3ステップ)

①自分の中に落とし込む、内容を理解する。

②それに対して自分が共感できるか、「なぜ」それをしているのか本質を考える。

③自分ならどうするかをまとめる。

簡単ですね。

友達とやるにしても、しっかり「自分のスタイル」を見つけて生産性をあげましょう。

 

具体的な就活方法

僕は以下の軸で就活をしていました。

パソコンで企業・業界分析

関連書籍をたくさん読む

面接で聞かれそうな内容をまとめる「なぜ?を繰り返す」

企業分析に関しては先ほども伝えした「3ステップ」を実践していました。基本的には、パソコンで情報を整理、リサーチをしていました。

僕が強かったのは就活をするタイミングで「IT業界」に絶対行く!って集点を定めていたこと。なので、その業界についてのみ深掘ることができました。

あとはその業界について死ぬほど勉強して、行きたい会社の全てを誰よりも熱意を持って語れるようにした。

これを実践した結果、第一希望の某大手IT企業から内定出ました。

 

『僕が本命だけ面接して『内定承諾』をもらえた秘訣』まとめ

皆さん、就活頑張ってください。

まずは自分にあった「就活スタイル」を見つけてください。

周りに合わせなくても「自分のスタイル」で第一志望は目指せます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です