NETFLIXの情報を随時更新中!

ブログ初心者が『リライト』をするべき理由【100記事達成した人へ届け】

 

花のビアンセ

ブログ開始して約3ヶ月、記事数は100記事超えました!

最初の頃は「文字数」なんて気にしていなかった、、、でも改めて過去の記事を見返すとその少なさに衝撃を受けました。笑

 

文字数だけではありません。

今回は様々な反省点が見つかりましたので、特に文字数が少ない点とその他対策についてまとめます。

本記事の内容

ブログ、記事作成における「リライト」と「文字数」の重要性について

ブログを書き始めた初期は記事を更新するだけでもう精一杯で、3日に1回のペースで記事を更新していました。

でも今では、毎日1記事以上更新ができています。

 

文字数とか関係あるの?と舐めきっていた昔の自分に向けて、、

この記事を書こうと思います。

 

まじで、しっかりしろ自分。そして同じような方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは説明していきますね\(´ω` )/

100記事達成したから過去記事を振り返ってみた

 

私事ですが現在、ブログ開始して約3ヶ月、記事数は114記事です。

 

ここまで一心不乱に突っ走ってきましたが1度立ち止まって、良質な記事を書けていたか?と自問自答を繰り返しました。

 

その答えはNOであり、深く反省してます。

反省点が見つかりすぎて、少し病みました。笑

 

振り返るとこの3ヶ月間は「質よりも量」を意識していたので、質は確かに怠りがちだったと思います。(言い訳)

以下は反省点

  • 改行のスペース
  • 文字数
  • 文章構成
  • 編集(見出し、ボックス)を使いこなせていない。
  • 導入文がない。

私よりもライティング力がある皆様だと思いますが、個人的に「振り返る時間」は大切だと思いました。

 

100記事も書くと、それなりにライティング力は上がった実感はありますし、スピードも上がったと思います。(まだまだですが)

そして、今まで見えてこなかった反省点や気づきを得られるようになりました。

 

タイミングは?

あくまで目安ですが量でいうと「100記事」、時間は「3ヶ月」くらいは見ておいた方が良いと思います。その上で、両方を達成した段階で振り返る時間を作るべきです。

 

ぬ??振り返る?そんなの毎日してるわい!!!って方へ。

 

ここでお伝えしたいことはただ「振り返る」だけではありません。振り返った後に『リライト』をしましょう。という話です。

 

そして、リライトをするにはある程度の量「100記事」くらい生産したタイミングが良いと思います。

 

なぜならば、記事数が少ない段階でリライトしてもそこまで意味がないからです。

まだ初期の段階ではライティング力が身についてないので、良質な『リライト』はできないはずです。(初心者の方の場合)

 

私は3か月前の6月30日にドメインを購入して、2週間前に100記事達成したので、今まさにこの『リライト』を実践している最中です。

 

まだ全部の記事をリライトできていませんが、少しずつ見直していけたらなと思います。

救いようがない記事は5記事くらい削除しました。笑

 

さて、ここまでが私の個人的な現状についての話です。

今から、リライトと文字数についての重要性についてお話しします。

リライトと文字数の重要性

文字数が多ければOKとか全然思っていなくて、それこそ文字数が多すぎて「内容が頭に入ってこず途中で離脱した経験」は皆さん1度はあると思います。

 

ウィ◯ペディ◯を毎日読めますか?と問われると、僕の回答はNOです。なぜならば、文字数が多いと感じてしまう文章構成と編集だからです。

 

改めて、僕の反省点を提示させてください。

  • 改行のスペース
  • 文字数
  • 文章構成
  • 編集(見出し、ボックス)を使いこなせていない。
  • 導入文がない。

文字数とはあくまで重要な要素の1つでして、文字数以外にも重要な要素はたくさんありますね。

 

さらに、文字数が重要な理由は2つあると考えています。

❶あくまで文字数とはSEOで考えた時に必要な指標

❷読み手から読んだときに充実したボリュームになっているか、ユーザーの満足度を向上させるための手段だと思います。

 

SEO

文字数が少ないと、検索エンジンから充実したコンテンツの記事ではないと評価されてしまい、他の方が書いた良質な記事の方が評価されてしまいます。

 

結論、他の方の記事が自分の記事よりも検索結果が上位に上がります。

 

もちろんグーグルは質の高い記事に1ページ目に出てきて欲しいので、ある程度のボリュームの文字数の記事が選ばれるのは当然の話です。

 

なので最低でも1000文字以上、スタンダートは2000文字〜5000文字が良いと一般的には言われているので、この辺りの数値を意識してライティングしましょう。

*恥ずかしながら、ブログを始めた初期の記事は1000文字を割っていました。笑

 

ユーザーの満足度

せっかく頑張って書いた記事を離脱されたら元も子もありません。

 

最後までユーザーに満足してもらうためには、ある程度のボリュームが必要です。

自分の記事は読み手の気になる情報を提示しているか、課題解決になっているか意識しながら書きましょう。

 

文字数が検索順位に影響があったかというと、正直わかりません。そもそもアクセス数・検索順位が現時点で、まだまだ低いからです。特に大きく下がったという経験はありません。

 

ただ唯一、検索結果で1ページ目の上位を取れた記事があります\(´ω` )/

それが「スタバ 豆 まずい」で検索にかけた際に出てくるこの記事です。

検索結果1ページ目の記事

スタバのコーヒー豆はまずい?無料で挽いてくれるのか?【元ブラックエプロンが徹底解説】

もちろん、文字数だけで1ページ目に上がった訳ではないでしょう。

キーワード選定など様々な要素が複雑に絡んで決まっているのは承知ですが、この記事の文字数は「2894字」でした。

 

ただ個人的には、それなりの文字数があるのも要因の1つだと考えています。

スタンダート圏内(2000〜5000字)なので、今後は2000文字以上をマストで記事を書くつもりです。

 

リライトも少しずつ進めながら、良質なコンテンツの記事を届けられるよう共に頑張っていきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

それでは\(´ω` )/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です